2014年06月21日

自分で症状に気づくことの大切さ

 僕は不安障害にかかっているとき、自分ではまったく気づきませんでした。
 明らかな身体症状が現れているのにもかかわらずです。
 でも、もうどうしようもなくなって、病院にいってみたら診断されて、やっぱおかしかったのかあと思ったくらいです。

 自分で気づくこと。難しいですが、これも大切なことだと思います。
 メンタルヘルス・マネジメントでは、セルフケアの重要性を示しています。
 どうやったら気づけるか、どうやって対処するのがいいのか、そのあたりの知識を持っていればいざというときに役に立ちそうです。






タグ:不安障害
posted by ぼっち君 at 12:00| 東京 | Comment(0) | 不安障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。